横浜銀行について

MENU
初めてキャッシングする場合
直接ATMに行くと、
その中で審査を受けることになるので、
結果が出るまで30分ほどかかります。

その間ATMの中で待たないと行けません。

ATMの中にはあまり長く居たくないですよね?

そんな方は下の手順をおすすめします。

事前に公式サイトで申し込み


審査結果が出る


ATMに行く

の流れがおすすめです!

審査が完了していると
ATMの中でカードを受け取るだけなので、
すぐにキャッシングできます

ATMの中での待ち時間ゼロにできます!



人気キャッシング一覧



安心の三菱UFJフィナンシャル・グループなので、信頼感は抜群!

今なら30日間無利息キャンペーン中!

金利 4.5%〜18.0%
限度額 800万円
審査時間 最短30分
簡単診断 3秒

http://www.acom.co.jp/



平日14時までにWEB契約完了で当日振込してくれる瞬フリが人気です。

14時が過ぎた場合でも審査の後に自動契約機に行けば、当日借りることができます。

瞬フリを利用するには三井住友銀行orジャパンネット銀行に口座を持ってる必要があります。

30日間無利息サービスも実地中!
(※メールアドレスとWeb明細利用の登録された方限定)

金利 4.5%〜17.8%
限度額 500万円
審査時間 最短30分
簡単診断 3秒

http://cyber.promise.co.jp/





























































































































横浜銀行

地銀としては最大級の規模を誇る横浜銀行の個人向け融資商品は、住宅ローンをはじめとして多く取り揃えられています。この中で個人顧客の方が一番興味を持っているのは、使途を特定されないカードローンやフリーローンでしょう。
横浜銀行のカードローンは、住宅ローン利用者用とそれ以外の方用の2種類があります。住宅ローン利用者以外の方用のローンは、即日融資を可能としているローンであり、消費者金融のような使い勝手が魅力です。最大融資限度額は800万円と高く、金利も低めです。自分の信用に応じたカードローンの設定が可能ですから、いくつものカードローンを持つよりも間違いなく有利な取引が可能です。
銀行のカードローンに限りませんが、カードローンは融資限度額に反比例して金利が下がります。必要がない融資限度額を設定したくないという人も多いようですが、金利面では非常に損をしているはずです。横浜銀行のカードローンのような大型ローンは、自分の信用を目いっぱい利用して最大限の優遇金利をゲットする方が有利です。
また、横浜銀行のカードローンは、必ずしも横浜銀行に口座を持つ必要はありません。しかし、口座を持つ人と持たない人では審査上で有利不利が生じます。銀行側としては貸金回収を重視しますから、口座を持つ人の方を優遇します。そのため、横浜銀行のカードローンを申込む際は、即日融資の必要がない限り、まず口座を作ってから申込をすることをお勧めします。もし、即日融資の必要があり口座開設の余裕がないのであれば、後日口座を開設して給与振込口座を横浜銀行に変えるだけで増枠申請が通ることは珍しくありません。
他のローンについても、一般的にネットから申し込むと優遇金利が適用されることが多いため、ネットからの申込にした方がいいでしょう。